読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心臓の部分を隠さずに話をしよう

しがない茶の間ジェシー担のブログです。書きたい時に書きます。

Welcome to SixTONES zone

SixTONES

こんにちは、こんばんは、モエと申します。こんなに仰々しく挨拶してブログを書くようなような者ではないのですが、先日何気なーく作った画像が皆さんに好評?だったようで…。身内の岸担(北斗沼)に「まとめて」と言われ続けているので、暇な時間でちょっと書き綴りたいと思います(^_^)
 
 
事の発端はこの画像を載せたツイですね…

  


 
私自身がバカレア組沼、ひいてはすと沼にハマっており、実際(現場卒したけれど)しがないジェシー担兼強火ほくじぇ厨をしております。ほくじぇ最高。ほくじぇ is Justice.
 
 
上記に引用してある私のツイートで共感してくださっている方も多いと思うのですが、すとんずは誰と誰がコンビでも萌えの要素が生まれると思うんですよね…!余談ですが、私がほくじぇにハマったのは2人の周りにあるあの独特な空気感です。シンメとして2人で雑誌に載ったりクリエでコンサートもしたり少クラで歌ったり…もう「何も言わなくても分かってるよ」感。それが確実に分かる証拠がこちら

f:id:js-js-xxxxx:20160604212750p:plain
 
これを見た瞬間「あぁ。生きててよかった」と思いました。ノールックほくじぇ。何なんでしょうこの熟年夫婦のような安定感は…!
 
 
と、前置き(?)が長くなりましたが、是非Jr.担の皆様、デビュー組担の皆様にも「SixTONES」の魅力を知ってほしいので、軽ーく語らせてください。(ほくじぇは上記で割愛させてください)
________________________

 
・きょもじぇし:オリ曲を貰った今ではメインボーカルのお二人。メンバーの中では珍しくきょもたんのことを「大我」と呼ぶことのあるジェシー。いとをかし。2人で「僕らの朝」という曲も作りました(J's party vol.8で初披露)。最近ではあの「滝沢歌舞伎」にも出演していました。2人の面白いところは「全然話が噛み合わない」ところです(例:ガムパvol.9の2人の出番のMCにて京「ジェシーは花粉症治った?」ジェ「元々花粉症じゃない」京「それでは聴いてください、『くしゃみ』)


・J2:どこかのドル誌のすとんずページでこのコンビ名を2人で付けていました。JuriとJesse。個人的には樹や北斗はツッコミにまわることが多く、その中でも樹は比較的ジェシーや慎太郎の年下クンをイジる確率が高い気がしています。昔はバカレアの前に「Hip Hop JUMP」というユニットで一緒に活動していました。そしてNHKの「Rの法則」という番組でも長く一緒に出演しており、そこで樹は「ジェシーに初体験全部奪われたい」という名言(迷言)を残しています。f:id:js-js-xxxxx:20160604214653j:plain
 

・末っ子:メンバーで未だ10代のおふたり。ジェシーはもうすぐハタチですねー早い早い。この2人の共通点は「許される構ってちゃん」です。雑誌で「SixTONESの構ってちゃんは?」というお題に他の4人は声を揃えて「ジェシー」「慎太郎」と答えます。まぁ結局慎太郎が勝ちます。慎太郎は頻繁にすとんずをご飯に誘い、断られたりグループLINEを既読無視されます。それでも誘います。構ってちゃんでありすとんず愛の強い彼らは可愛いです。


・ゆごじぇし:はいはいゆごじぇしゆごじぇし。じぐいわ的ポジのメンバー公認の仲の良さ。時には「恋人」「彼女」などと2人をメンバーがからかう場面も見られます。彼らの仲の良さを表す有名なエピとしては「弾丸箱根旅行」ですね。そうだ京都行こう的な感覚で箱根に行きたくなったジェシーは唐突に「髙地、明日箱根行こう」と誘い、その翌日髙地くんが車を出し、箱根に行きました。他のエピとしては「美容院終わったから迎えに来て」というワガママ彼女ジェシーくんのご要望にお応えするかれぴっぴ髙地さん。はいはいゆごじぇしゆごじぇし。


・北京:北斗の北と京本の京で北京。バカレアのメイキング映像では手を繋いだりしており今でも同ユニで頑張っていますが、かつては「不仲」だった2人。しかしそれも今では「不仲」をネタに4人にイジられる。と共に「京本トンガってた問題」もイジられます。可愛いなぁ。はぁ…


・ほくじゅり:爆モテと書いてほくじゅりと読む。もうすぐ21歳になる2人はあと5年は高校生ノリを続けられそう。樹に無理やり連れて行かれて飲み会とかしそう。その後に酔っ払ったまま月曜から夜ふかしとかで街頭インタビュー受けてマツコに気に入られればいい(何言ってるんだろう)。ここに慎太郎が加わると会話の半分は下ネタです。きっと楽屋トークやLINEのトークはピーとモザイクが必要だと思う。そして9割放送禁止。


・達也哲也:ここを通らずしてバカレアを語れるのか!(語れます)「私立バカレア高校」の不良ツートップ。「最強にアツイ男」桜木達也(慎太郎)と「最強にクールな男」浅田哲也(北斗)のバカレアシンメ。今でも曲中や雑誌のインタビューで一緒になると安心します。


・B.Iコンビ:かつてふまけんと一緒に活動していた髙地と北斗。年齢も1つ違いであるということから、比較的北斗が髙地さんをdisる頻度が高くないか?と思う今日この頃。でもこれも信頼とかがあるからなんだろうなぁ…と思う。髙地さんも中々まんざらでも無さそうだし(個人的見解)


・きょもじゅり:強火きょも担の樹とされるがまま言われるがままイジられるがままのきょも。きょもの天然を逆手に取り「樹はきょもをイジるために生きているのでは?」と思わせるくらいイジる。しかし一応きょもは樹より先輩なので呼ぶ時は「京本くん」。これで萌え度が増すんだなぁ


・きょも慎:すとんず内でもJr.歴の長いおふたり。ちびっこの頃から少クラでよく歌ってたなぁという印象。きょもじゅりの「京本くん」呼び然り、慎太郎の「京もっちゃん」呼びが好きなすとんず担は少なからず存在すると信じています😇


・お兄ちゃん:現在22歳の髙地さんと22歳になるきょもたん。きょもたんはあまり年上感がありませゲフンゲフン…髙地さんは俯瞰的にいつもすとんずを見守ってくれているのではないかと思ってます。もはやパパとママ。そしてママは髙地さんが似合う。


・慎じゅり:ほくじゅりを超える爆モテ(というか下ネタで構成されている人たち)。堀越最高( ˊᵕˋ )止める人がいないとノンストップで下ネタ話してそう。放送ギリギリというか多分放送禁止。ピーがたくさん入る。あと「某」を乱用します。(例:某youtube、某Twitter→ぼいったー、某クルケーサンクス)


・ゆごじゅり:イジりたがり樹にイジられる年上お兄さん。もはやみんなにお兄さんて思われてないのでは…?何度目か分からないモエによる呼び方萌えコーナー。「髙地〜!」ではなく「こぉちぃ〜!」な感じがツボ。


・上下:Jr.歴も年齢も離れてるのに仲良しすとんずの上下コンビ。年上の髙地さんに「おい髙地〜!(笑)」と遠慮なく絡みに行く慎太郎、そんな慎太郎を微笑ましく「んだよ〜慎太郎さぁ〜(笑)」と応えてあげる髙地さん。いとをかし。
________________________

ほぼ画像に書いた文と同じですが、画像付きで見て頂ければより伝わるかと思います…!


長々と読んで頂いてありがとうございます!是非、今後もジェシー京本大我松村北斗田中樹森本慎太郎・髙地優吾、そしてSixTONESをよろしくお願いします!


2016.6.4 モエ